Book

【3分でわかる】「アウトプット大全」の要約・書評まとめ

kazu
こんにちは!kazuです!
今回は、以下のような悩みを解決します!
「アウトプット大全」の要約・書評を知りたい!
読者

 

記事の内容は以下の通りです。

本記事の内容

本の概要
アウトプット大全の要約
アウトプット大全の書評
どんな人におすすめなのか

 

それではさっそく本題に入ります。

 

スポンサーリンク

 

「アウトプット大全」の概要

 

まずは、「アウトプット大全」の概要からみていきましょう!

書名

学びを結果に変えるアウトプット大全

著者

樺沢紫苑(かばさわ・しおん)

発行日

2018年8月3日

出版社

サンクチュアリ出版

 

続いて、本書の著者樺沢紫苑さんについて紹介します。

 

著者プロフィール

樺沢紫苑(かばさわ・しおん)
1965年・札幌生まれ。
1991年、札幌医科大学医学部卒。
2004年からシカゴのイリノイ大学に3年間留学。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。
SNS、メールマガジン、YouTubeなどで累計40万人以上に精神医学や心理学、脳科学の知識・情報をわかりやすく伝え、「日本一、情報発信する医師」として活動している。

 

本書は、以下のような構成で書かれています。

CHAPTER1

アウトプットの基本法則

CHAPTER2

科学に裏付けられた、伝わる話し方

CHAPTER3

能力を最大限に引き出す書き方

CHAPTER4

圧倒的に結果を出す人の行動力

CHAPTER5

アウトプット力を高める7つのトレーニング法

 

本記事では一部抜粋して紹介します!

 

「アウトプット大全」の要約

ここでは以下の3つに絞ってまとめていきます。

 

要約①:アウトプットの意味
要約②:2週間に3回使った情報は長期記憶される
要約③:インプットとアウトプットの黄金比は3:7

 

それでは上から順にみていきましょう。

 

要約①:アウトプットの意味

本書によるとアウトプットとは以下のように説明されています。

アウトプットとは、脳の中に入ってきた情報を脳の中で処理し、外界に「出力」することです。

出典:「学びを結果に変えるアウトプット大全」P18・8行目〜9行目より

 

反対に脳の中に情報を入れることをインプットといいます。

 

身近な例で例えるなら、「本を読む」「ラジオを聴く」のがインプット、「本を読んだ感想を書く・話す」「行動する」がアウトプットということになります。

 

インプット

読む
聞く

 

アウトプット

書く
話す
行動する

 

要約②:2週間に3回使った情報は長期記憶される

脳に入力された情報は、「海馬」というところに保存されます。その期間は2〜4週間です。海馬の仮保存期間中に、その情報が何度も使われると脳はその情報を「重要な情報」と判断し、「側頭葉」の長期記憶に移動します。

出典:「学びを結果に変えるアウトプット大全」P24・12行目〜15行目より

 

つまり、一度インプットした情報を2〜4週間以内にアウトプットすることで長期記憶として残りやすくなるということです。

 

例えるなら

英単語を覚える→2〜4週間以内にもう一度復習する→「側頭葉」に移動し、長期記憶として残る


といった感じです。

 

長期記憶として残すにはインプットしただけではなく、アウトプットすることが大切だということです。

 

要約③:インプットとアウトプットの黄金比は3:7

コロンビア大学の心理学者アーサー・ゲイツ博士の実験によると、最も高い結果を出したのは「覚える時間(インプット)」に約40%の時間を費やしたグループだと本書では書かれています。また、年長の生徒になると「覚える時間(インプット)」が約30%と少なくて済むようになったという結果が出ています。

 

この実験結果を踏まえて

アウトプット比率でいうと、初心者は6割、熟練者は7割の時間をアウトプットに振り分けるのが、効果的な勉強・学びの方法といえるのです。

「学びを結果に変えるアウトプット大全」P28・26〜p29・1行目より

 

簡単にいうと、インプットの2倍近くアウトプットに費やすことが効果的な勉強法だといえるのです。

 

スポンサーリンク

 

「アウトプット大全」の書評

ここでは「アウトプット大全」の書評をご紹介します!

 

書評①:アウトプットの大切さに気づかされる
書評②:アウトプット力のトレーニング方法を学べる

 

それでは上から順に紹介していきます!

 

書評①:アウトプットの大切さに気づかされる

本書では、勉強や仕事面で活かせるアウトプットの方法や効果について書かれています。

アウトプットにはどのような効果があるのかを知り、アウトプットの大切さに気づかされるそんな1冊です。

 

要約②:アウトプット力のトレーニング方法を学べる

本書のCHAPTER5にはアウトプット力を高める7つのトレーニング方法が紹介されています。

「アウトプット」と言われても何をしたらいいのかわからないという人でもどのようにアウトプット力を高めていけば良いのかを知ることができます。

 

こんな人におすすめ

「アウトプット大全」は以下のような方におすすめです!

 

自分自身をさらに高めたいという方
勉強してもなかなか成果につながらない方

↑のような方におすすめです。

 

まとめ

今回は、「学びを結果に変えるアウトプット大全」の要約・書評について紹介してきました。

自分自身を高めたい」「勉強してもなかなか成果につながらない」という方は是非以下のリンクからチェックしてみてください!

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました!
それではまた!

-Book