Book

『沈黙のWebライティング』要約・感想まとめ【ライター必読の1冊】

kazu
こんにちは!kazuです!

 

本記事では、ブロガーさんやライターさんがよく読んでいる『沈黙のWebライティング』の要約・感想をまとめていきます。

 

 

はじめにこの本のついてざっくり説明すると、

  • Webライティング全体の流れがわかる
  • 実用的なことがまとめられている
  • ストーリー形式で書かれていて読みやすい

といった感じです。

 

記事の内容は以下の通りです。

本記事の内容

・『沈黙のWebライティング』の概要

・『沈黙のWebライティング』の要約

・『沈黙のWebライティング』の感想

・『沈黙のWebライティング』を読むべき人

 

本記事を読むメリット

  • 『沈黙のWebライティング』の概要がわかる
  • 『沈黙のWebライティング』を読んだ人の感想がわかる
  • どんな人におすすめなのかがわかる

 

『沈黙のWebライティング』を購入しようか悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さい!

 

『沈黙のWebライティング』の概要

『沈黙のWebライティング』の概要

書名

沈黙のWebライティング-Webマーケッター ボーンの激闘-

著者

松尾茂起

発行

株式会社エムディエヌコーポレーション

発売

株式会社インプレス

発行日

2016年11月11日

簡単にいうと、『沈黙のWebライティング』は、Webサイト運営やWebライターとして成果を上げるための文章の書き方を学べる本です。

 

主に下記のようなことが学べます。

  • SEOを意識したライティング手法
  • 商品を選んでもらうための文章の書き方
  • 文章を生まれ変わらせるリライトのコツ
  • わかりやすい文章を書くためのポイント
  • 「論理」と「感情」に響く文章の書き方
  • 外部リンクを獲得するための思考と手法
  • SEOに強いライターの見つけ方
  • バズにつながるコンテンツ作成のコツ

 

kazu
これからライターやブロガーになりたい方は持っておいて損はない1冊です。

 

『沈黙のWebライティング』の要約

ここでは、『沈黙のWebライティング』の要約を紹介します。

 

『沈黙のWebライティング』の要約

①SEOを意識したコンテンツを作るカギ

②リライトの際に配慮すべきポイント

③バズにつながるコンテンツ作成のコツ

 

kazu
それでは上から順にみていきましょう!

 

要約①:SEOを意識したコンテンツを作るカギ

SEOを意識したコンテンツを作るカギは、検索ユーザーにとって利便性が高いコンテンツを作ることです。

 

以下の6つを意識することで、『検索ユーザーにとって利便性の高いコンテンツ』を作成することができますよ。

  • 検索ユーザーが抱えている「悩み」や「質問」に対して的確な答えを返しているコンテンツ
  • 検索ユーザーが抱えていると思われる「悩み」や「質問」を網羅的に取り上げ、先回りして答えを返しているコンテンツ
  • 他のサイトよりも早く答えがわかるコンテンツ
  • 他のサイトよりも見やすく、わかりやすいコンテンツ
  • どこのサイトよりも信頼できるコンテンツ
  • どこよりも情報が新しいコンテンツ

 

検索ユーザーは、検索したくてしているのではなく、「悩み」を解決するために検索しているということを頭に入れておきましょう!

 

要約②:リライトの際に配慮すべきポイント

皆さんはリライトをする際、どのようなことを意識していますか?

 

本書では、リライトをする際に配慮すべきポイントとして以下のようなことをあげています。

 

リライトの際に配慮すべきポイント

  • 改行と行間に気を配る
  • 漢字とひらがなのバランスを調整する
  • 指示代名詞を減らす
  • 箇条書きを用いる
  • 文章構成を見やすく整理する
  • 不要な言葉や表現はカットする
  • 感情表現を入れる
  • 論理破綻のない文章を書く
  • 読み手にわからないような言葉を使用しない

 

リライトをする際は、「見やすさ」と「わかりやすさ」に配慮することが大切です。

 

上記のようなことを意識してリライトをするようにしましょう!

 

要約③:バズにつながるコンテンツ作成のコツ

バズにつながるコンテンツ作成のコツは、『マズローの欲求5段階説』を意識することです。

 

マズローの欲求5段階説

  1. 生理的欲求:食事・睡眠・排泄といった欲求
  2. 安全の欲求:良好な健康状態や経済的安定を欲する欲求
  3. 所属と愛の欲求:自分が「社会や特定のコミュニティの一員である」と感じたい欲求
  4. 承認欲求:「自分の存在を知ってもらいたい」という欲求
  5. 自己実現の欲求:自分が本当に表現したいものを求める欲求

上記のうちどれか1つでも満たすことができるとバズにつながります。

 

kazu
また、人は何かしらの目的をもってコンテンツをシェアすることも頭に入れておきましょう。

 

人がコンテンツをシェアする目的

  • シェアしたコンテンツの評価を自分の評価へつなげたい
  • シェアしたコンテンツを使って自分の立場を表明したい
  • シェアしたコンテンツをネタに誰かとコミュニケーションをとりたい
  • コンテンツをシェアすることで何らかの見返りを期待している

 

『沈黙のWebライティング』の感想

ここでは、『沈黙のWebライティング』を読んで感じたことを紹介していきます。

 

『沈黙のWebライティング』の感想

①ストーリー形式で読みやすい

②実践しやすい

③内容が充実している

 

感想①:ストーリー形式で読みやすい

『沈黙のWebライティング』は、ストーリー形式で書かれています。

 

そのため、マンガを読んでいるような感覚でライティングスキルを身につけつつ読めてしまいます。

 

読み終えた後にはライターとしての流れが一通り理解できているといった感じですね。

 

kazu
本を読むのが苦手な方でも楽しみながら読めること間違いなしです。

 

感想②:実践しやすい

『沈黙のWebライティング』には、ブログでもライターとしてでもすぐに実践できるようなことばかり書かれています。

 

なので、本書を読み終えた直後から自分のブログやライターのお仕事に活かすことが可能です。

 

本書で得たことを意識して記事を書くようになってからは読者の滞在時間もアップしています。

 

感想③:内容が充実している

本記事の前半部分でもお伝えしたように『沈黙のWebライティング』には以下のような内容が詰め込まれています。

 

  • SEOを意識したライティング手法
  • 商品を選んでもらうための文章の書き方
  • 文章を生まれ変わらせるリライトのコツ
  • わかりやすい文章を書くためのポイント
  • 「論理」と「感情」に響く文章の書き方
  • 外部リンクを獲得するための思考と手法
  • SEOに強いライターの見つけ方
  • バズにつながるコンテンツ作成のコツ

 

ライティングを始めた頃の僕には内容が充実しているように感じました。

 

kazu
なので、ライティングを始めたての方にはかなりおすすめですね。

 

『沈黙のWebライティング』を読むべき人

『沈黙のWebライティング』を読むべき人は以下のような方です。

 

こんな方におすすめ

  • これからブログで稼いでいきたい方
  • ライターとして活躍したい方
  • SEOを意識したコンテンツの作り方を知りたい方

 

上記に当てはまる方はぜひ購入を検討してみて下さい!

 

まとめ:ライターにおすすめの1冊

今回は、『沈黙のWebライティング』の要約と感想をまとめてきました。

 

『沈黙のWebライティング』は、ライターの方は持っておいて損はない1冊です。

 

気になる方は下記のリンクからチェックしてみて下さい!

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました!
それではまた!

-Book