iMovie

Macで動画編集を始めるなら「iMovie」がおすすめ!

kazu
皆さんこんにちは!kazuです!

本記事ではこんな悩みを解決します。

動画編集を始めたいが、どの編集ソフトを使えば良いのかわからない
MacBookでできる無料の動画編集ソフトを知りたい

 

本記事を読むことで編集ソフト選びに迷うことなくスムーズに動画編集を始めることができるようになります。

 

実際に本記事の筆者である僕自身も今回紹介する編集ソフトを使ってYouTubeに投稿する動画を編集していました。
今回は、その経験をもとに書いていきます。

 

それではさっそく本題の方に入っていきましょう!

スポンサーリンク

Macで動画編集を始めるなら「iMovie」がおすすめです!

動画編集を始める際にどの編集ソフトを使って編集をするかで悩む方が多いかと思います。

そこでおすすめしたいのが「iMovie」という動画編集ソフトです!

なぜiMovieがおすすめなの?
読者
kazu
iMovieは、Final Cut ProやAdobe Premiere Proに比べて操作が簡単で動画編集初心者の方でも操作がしやすいからです。それに無料で使うことができるのも僕がおすすめする理由の1つです。(iPhone・iPad・MacBook・iMacのみ利用可能)

 

iMovieとは?

そもそも「iMovie」とは何?と思っている方もいるかと思うのでここでは簡単に説明しておきます。

 

iMovieとは、アップル社が提供する無料の動画編集ソフトのことです。
iPhone・iPad・MacBook・iMacを持っていれば誰でも無料で利用することができます。

 

注意ポイント

iMovieはmacOS対応のソフトのためWindowsでは利用することが出来ません。

 

iMovieではどんな編集ができるの?

ここでは、iMovieでできる編集を紹介します。

iMovieでは主に以下のような編集をすることが可能です。

・カット
カット編集に関する記事はコチラ→【初心者向け】Mac版iMovieでのカット編集のやり方【画像あり】
・音源の挿入
・倍速編集
倍速編集に関する記事はコチラ→【誰でもできる】iMovie倍速編集のやり方【画像あり】
・手振れ補正
・フィルター編集
・カラーコレクション
・トランジション
トランジションに関する記事はコチラ→【Mac版】iMovieでのトランジションの追加方法【画像あり】
・テロップの挿入
テロップに関する記事はコチラ→【Mac版】iMovieでのテロップの入れ方
・ピクチャインピクチャ
ピクチャ・イン・ピクチャに関する記事はコチラ→【Mac版】iMovieでのピクチャ・イン・ピクチャのやり方について解説
・効果音の挿入

このようにiMovieには一通り編集機能が揃っています。

 

kazu
編集方法については今後当サイトで解説していく予定です。

 

スポンサーリンク

 

iMovieのデメリット

iMovieにはメリットだけでなくデメリットも存在します。

ここでは実際に僕が使用してみて感じたiMovieのデメリットを紹介します。

 

デメリット

テロップの位置を変えられない
テロップにアウトラインを入れられない

それでは1つずつ解説します。

 

テロップの位置を変えられない

iMovieでは、テロップを自分の好きな位置に設定することが出来ません。

 

また、フォントの種類も最初は少ない為、必要に応じて後から追加しなければいけません。

 

テロップにアウトラインを入れられない

iMovieでは、テロップにアウトラインを入れることが出来ません。

 

その為、どうしてもテロップにアウトラインを入れたい場合はKeynoteなどで画像を作成してから始めなければいけません。

 

iMovieのメリット

iMovieには以下のような3つのメリットがあります。

メリット

無料で使える
操作がシンプルで初めての方でも使いやすい
基本的な編集から高度な編集まで可能

上から順に解説します。

 

無料で使える

本記事の前半部分でも述べてきましたが、iMovieはiPhone・iPad・MacBook・iMacを持っていれば誰でも無料で利用することが出来ます。

 

kazu
動画編集をこれから始めるという方は、いきなり高額な編集ソフトを購入するのではなく、まずは「iMovie」から始めてみると良いでしょう!

 

操作がシンプルで初めての方でも使いやすい

iMovieは、Final Cut ProやAdobe Premiere Proなどの他の編集ソフトに比べて難しい操作が少なく、初心者の方でも簡単に動画編集を行うことが出来ます。

 

iMovieで動画編集の基本をマスターし、後々他の編集ソフトに切り替えていくというのも選択肢の1つです。

 

基本的な編集から高度な編集まで可能

上記でも述べてきたようにiMovieの操作はシンプルでありながらもカットや倍速編集などの編集機能が一通り揃っているため、基本的な編集から高度な編集まで行うことが出来ます。

 

まとめ:Macで動画編集を始めるなら「iMovie」がおすすめ!

本記事では、動画編集初心者に向けておすすめな編集ソフト「iMovie」について解説してきました。

 

個人的にはこれから動画編集を始めるという方はまずはじめにiMovieで動画編集の基本的な操作を習得し、よりクオリティの高い動画を求めるようになったタイミングでFinal Cut ProやAdobe Premiere Proに切り替えるのをおすすめします!

 

てことで今回は以上になります。
最後までご覧頂きありがとうございました!

-iMovie
-