Premiere Pro

【動画編集ソフト】Adobe Premiere Proとは?購入方法や実際に使ってみた感想を解説!

kazu
皆さんこんにちは!kazuです!

 

本記事では以下のような悩みを解決します!

Adobe Premiere Proについて知りたい
Adobe Premiere Proの購入方法やプランを知りたい

 

本記事を読むことで「Adobe Premiere Proとは一体どういうものなのか」や「購入方法・プラン」についても知ることができます!

 

それではさっそく本題に入っていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

Adobe Premiere Proとは?

まずはじめにAdobe Premiere Proについて理解しておきましょう!

 

Adobe Premiere Proとは、アドビシステムズが販売している映像編集を目的としたソフトウェアのことです。

 

AdobeはPremiere Pro以外にもPhotoshopやLightroomなどのソフトウェアも販売しています。

 

Adobe Premiere Proでできること

動画編集ソフトは、Adobe Premiere Proだけでなくアップル社が販売するFinal Cut Proなど様々な編集ソフトが存在します。

 

しかし、その中でも特にYouTuberや映像クリエイターに使われることの多い編集ソフトが「Adobe Premiere Pro」です。

 

ここではAdobe Premiere Proでできることについて解説していきます!

Premiere Proでできること

カット
テロップの挿入
カラーグレーディング
手振れ補正
速度変更
音源の挿入
クロップの追加

それでは上から順に解説していきます!

 

カット

動画編集の基本操作となるのがカット編集です。

当然Adobe Premiere Proではカット編集をすることが可能です。

 

カット方法についての記事も書いているのでよかったらそちらもご覧下さい!

 

【初心者向け】Adobe Premiere Proでのカット方法【画像あり】

続きを見る

 

テロップの挿入

Adobe Premiere Proでは、動画にタイトルやテロップを挿入することが可能です。
また、フォントの種類やテロップの出し方も豊富に用意されています。

 

その他にテロップを自分の好きな位置に設置することも可能です。

 

【誰でもできる】Premiere Pro映画風タイトルのやり方

続きを見る

 

カラーグレーディング

Adobe Premiere Proでは、映像の明るさや色彩・色調を調節するカラーグレーディングをすることが可能です。

カラーグレーディングをすることで、曇っている日に撮影した映像でも晴れているように見せることができます。

 

kazu
カラーグレーディングは他の編集ソフトでも可能ですが、細かな調整をしたいという方にはAdobe Premiere Proがおすすめです!

 

手振れ補正

Adobe Premiere Proに内蔵されているワープスタビライザーという機能を使うことで手振れを補正することができます。

 

そもそもワープスタビライザーとは、映像を手持ちで撮影した時に生じる振動を補正して映像を滑らかに仕上げることのできる編集機能のことです。

この機能を使うことで手振れの少ない滑らかな映像を作ることができます。

 

Premiere Proでワープスタビライザーを使うには?【画像を用いて解説】

続きを見る

 

速度変更

Adobe Premiere Proでは、スローモーションにしたり速度を上げたりと映像の速度を変更することが可能です。

動画の速度を変更することで緩急がつき、より迫力のある映像に仕上げることができます。

 

音源の挿入

動画に著作権フリーの音源や効果音を挿入することができます。

kazu
動画内に音源を挿入することで動画全体の印象も変わるので著作権フリーの音源を入れてみると良いでしょう!

 

関連記事

【BGMにおすすめ】著作権フリー音源NCSとは?【ダウンロード方法解説】

続きを見る

 

クロップの追加

Adobe Premiere Proでは簡単にクロップを追加することが可能です。
また、クロップ幅も自由に変更することができます。

 

クロップが追加されることで映像をよりシネマティックに表現をすることが可能になります。

 

【Premiere Pro】クロップの追加方法【8枚の画像で解説】

続きを見る

 

Adobe Premiere Proの強み

ここでは、Adobe Premiere Proの強みを紹介していきます。

Adobe Premiere Proの強みは以下の3つです!

 

MacとWindowsの両方で使える
他のソフトとの連携が可能
常に最新版を利用できる

それでは1つずつ解説していきます。

 

MacとWindowsの両方で使える

Adobe Premiere ProはMacとWindowsの両方で使うことが可能です。

一方でAdobe Premiere Proとよく比較されるFinal Cut ProはiPhone・iPad・MacBook・iMacでしか使うことができません。

それに対してAdobe Premiere ProはMacとWindowsのどちらでも使うことができるのです。

 

kazu
普段Macを使っていてあまり金銭的な負担をかけずに動画編集がしたいという方は、Final Cut Pro。より本格的な動画編集がしたいという方はAdobe Premiere Proがおすすめです!

 

他のソフトとの連携が可能

Adobe Premiere ProはAdobe社から販売されている他のソフト(After EffectsやPhotoshopなど)と連携することが可能です。

After Effectsと連携することでより迫力のある映像を作ることができます。

 

常に最新版を利用できる

Adobe Premiere Proは、Adobe Creative Cloudと呼ばれるクラウド形式で販売されているため、定期的にソフトをアップデートしながら使っていくことができます。

そのため、常に最新版を利用することが可能です。

 

kazu
進化していくソフトを常に最新の状態で使えるのは買い切りのソフトにはない良さではないかと思います!

 

スポンサーリンク

 

Adobe Premiere Proの購入方法とプラン

ここでは、Adobe Premiere Proの購入方法やプランについて紹介していきます!

 

買い切りではなくサブスクリプション型

Adobe Premiere Proは一度購入してしまえばずっと使うことのできる買い切り制ではなく、毎月料金を支払うサブスクリプション型のソフトとなっています。

 

プラン

Adobeのソフトには、Photoshop・illustrator・inDesign・Acrobat DC・Premiere Pro・After Effects・Audition・Adobe XDなどがあり、その中から1つ選択して契約する単体プランとAdobeの全てのクリエイティブソフトを利用できるコンプリートプランがあります。

 

価格は以下のようになっています。

単体プラン:2,480円/月(税別)
コンプリートプラン:5,680円/月(税別)


※価格は2020年9月現在

 

無料で体験できるものもあるので一度試してみてから購入してみると良いでしょう!

体験版のダウンロードはコチラ

 

Adobe Premiere Proを実際に使ってみた感想

ここでは、本記事の筆者である僕自身が実際にAdobe Premiere Proを使ってみてどのように感じたのかを紹介していきます!
※あくまで僕個人の感想なので参考までに...

 

Adobe premiere Proを実際に使ってみた感想としては、以下の通りです。

・無料のソフトではできない細かな調整ができるのでクオリティの高い映像を作ることができる
・わからないことがあってもネット上に多くの情報が出回っているため、苦戦することがない
・買い切りのソフトではないため、毎月の出費が痛い

 

kazu
上記でも紹介したようにネット上でチュートリアル動画なども出回っているので初心者の方でも動画を参考に技術アップしていけるのではないかと思います。

 

まとめ

今回は、Adobe Premiere Proの購入方法やプラン、実際に使ってみた感想について書いてきました。

 

Adobe Premiere Proは動画編集初心者の方には少し難しく感じるかもしれませんが、YouTubeなどにチュートリアル動画もアップされているので苦戦することなく動画編集をすることができます。

 

これから本格的に動画編集をしたいという方にはおすすめできる編集ソフトになっています。
気になる方は是非一度無料体験版を使ってみると良いでしょう!

 

本記事を読んで少しでもAdobe PremiereProについて知ってもらえたら幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

-Premiere Pro
-